東京北部の繁華街、赤羽の飲み屋、キャバクラ、ガールズバー、スナックまで、

女の子のいる飲み屋情報をお届けします。

■赤羽ってどんな街?

赤羽は、東京都北区に位置しており、商業や飲食店が多く集まっているエリアです。

以下に、赤羽エリアの特徴をいくつか挙げてみます。

  1. 飲食店が豊富:赤羽駅周辺には、日本料理、イタリアン、中華料理、焼肉、居酒屋など、多種多様な飲食店があります。特に、居酒屋が多いので、飲み会にも最適なエリアといえます。
  2. 商業施設が充実:赤羽駅周辺には、商業施設が数多くあります。たとえば、赤羽ビッグ・エー、イトーヨーカドー赤羽店、ユニクロ赤羽店などがあります。また、デパートの「赤羽ヨドバシカメラ」も近くにあります。
  3. アクセスが便利:赤羽駅は、埼京線、湘南新宿ライン、京浜東北線が乗り入れており、都内各所へのアクセスが便利です。また、赤羽駅からは、羽田空港や成田空港へのアクセスも良好です。
  4. 隣接する赤羽台エリア:赤羽駅周辺には、赤羽台という住宅街があります。赤羽台エリアには、閑静な住宅街や公園が多く、落ち着いた雰囲気が漂っています。
  5. 繁華街と閑静な住宅街の両方がある:赤羽駅周辺には、繁華街と閑静な住宅街の両方があるため、飲食やショッピングを楽しむことができるだけでなく、落ち着いた雰囲気で過ごすこともできます。

■赤羽の歴史

赤羽の歴史は、古くからの交通の要所として栄えてきました。赤羽の地名は、かつてこの地が「赤塚(あかつか)」と呼ばれていたことに由来します。また、平安時代から鎌倉時代にかけて、この地には鷹狩が行われており、狩場が設けられていたことから「鷹の羽が赤く染まる」という意味で、「赤羽(あかはね)」と呼ばれるようになりました。

江戸時代には、赤羽宿として、東北地方や北海道へ向かう旅人や荷物運びの交通の要所として栄え、多くの商人や旅人が行き交いました。また、赤羽の地は、戦国時代から江戸時代にかけて、北関東を支配する足利氏や、江戸幕府によって軍事的に重要な地とされていました。

明治時代になると、赤羽には鉄道が敷かれ、交通の拠点としての役割が一層強まりました。赤羽駅は、1885年(明治18年)に開業し、現在も北区を代表するターミナル駅として栄えています。

また、赤羽には多くの工場や商店があり、戦前には紙漉き、印刷、染色などの産業が盛んでした。戦後は、再開発が進んで商業施設やマンションが建ち並ぶようになりましたが、地域の歴史を物語る史跡や文化財も残っており、歴史好きな人にとっても興味深いエリアです。